顔の赤みや炎症の予防と対策について

洗顔後に赤みが帯び炎症を起こしやすい素肌のスキンケア

肌荒れに悩む女性

乾燥肌だったり敏感肌だったり、中には混合肌と感じている方の中に、洗顔後、お鼻の周りだったりTゾーンが赤く炎症を起こしてしまう方がいると思います。

炎症を起こしてしまう方は、乾燥肌の方が多いと思いますが、化粧で隠したり、そもそも化粧のりが悪かったり、ポロポロと皮脂がはがれて来たりで、隠し切れずに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

乾燥しやすいだけでなく、赤く炎症を起こしてしまう肌は、皮脂や油分が過剰に分泌されていることによって、肌が負けて炎症を起こしてしまっている場合が多いのです。

皮脂や油分は、お肌表面を外的から守るバリア機能の役割を果たしていたり、保湿した際に、水分の蒸発を防ぐ役割を果たしていますから、お肌の健康にとって必要不可欠なものです。

しかし、洗顔でゴシゴシ洗ったり、強い洗浄力の洗顔料で洗っていると皮脂や油分を落としすぎてしまいます。
すると、洗顔後に保湿しても水分が蒸発しやすくなって乾燥しやすくなったり、バリア機能が弱くなってトラブルを引き起こしやすい状態に陥ってしまいます。

ただ、そのような状態は肌にとっても良くない為、足りなくなった皮脂や油分を補おうと過剰に分泌されるようになってしまいます。
そうなると部分的に脂性のようになってしまったり、肌が負けて所どころ赤く炎症を起こしてしまいます。
もしかすると、自分は混合肌だと思っている方の中にも、こういったことが原因になっている方もいるのではないでしょうか。

赤く炎症を起こしてしまいやすい場合は、まずは洗顔石鹸やクレンジングを肌に優しい洗浄力のものに変えましょう。
また、炎症を引き起こしやすい状態は、皮膚炎を起こしている可能性も考えられますので、皮膚科を受診することもおススメします。もしかすると脂漏性皮膚炎の可能性もありますが、なんでもなければそれに越したことありませんから安心にも繋がります。

もしも皮膚炎と診断された場合、病院から処方される塗り薬やビタミン剤での治療も大切ですが、
洗顔石鹸やクレンジングは、お肌の健康と予防のために欠かせませんので、洗顔料の見直しも必要でしょう。

このような皮膚炎は、皮膚科医にうかがったところ、やはりある程度積み重ねがあって引き起こされる為、治療は気長に行っていく必要があるそうです。現に私自身もある程度塗り薬を続けて良くなってきたと思っても、少し疲れていたり、食生活が不規則になってしまったりすると、また、赤く炎症を引き起こしてしまうことがありますから洗顔料とお肌の事を考えた健康的な生活を続けることが大切でしょう。

また、洗うという面で大切なメイクを落とすクレンジングを選ぶ際には、やはり口コミを参考にするのも一つの方法ですが、自分のメイクや肌質、そして改善したい悩みに着目して選ぶのがポイントです。

クレンジングの口コミなら大手口コミサイトももちろんですが、沢山のクレンジングを使って比べているようなサイトも参考にしてみると良いと思いますよ。
例えば主婦達が実際に比べて選んだクレンジングの口コミのサイトもあります。

→洗顔後の保湿について『保湿の目的と方法について』はこちら

洗顔後の保湿。

保湿する女性

洗顔後の保湿ケアも美しい素肌を保つ為には大切ですね。
肌は水分をしっかり保つことで外からの刺激から守り役割を果たし、シワやたるみの予防にも繋がります。
また、うるおいを十分に補給することで、ターンオーバーの促進にも繋がりますから、お肌にとってはもっとも欠かせない大切なことです。

保湿するタイミングですが、洗顔後や入浴後の保湿は基本ですね。
また、季節にもよりますが基本的に乾燥を感じたら保湿してあげると良いでしょう。
乾燥するとかゆくなったりします。敏感な方は髪の毛が触れただけでもかゆくなったりしますので、保湿ケアを入念におこなってあげましょう。

朝晩は化粧水、美容液、乳液やクリームとしっかりと行っている方でも、時には面倒なこともあるかと思います。
そんなときに便利なのが、オールインワンゲルです。オールインワンゲルはたった一つで基礎化粧品の役割を果たしてくれるから、サッと手間いらずで保湿できますし、価格が手頃なことと配合されている美容成分が魅力的であることなど、一つ持っておくととても便利ですし、お得感が高いことから人気を集めています。

基本的には、しっかりと角質層まで浸透していると実感できるものを選びたいものですね。
表面だけではうるおわないですし、どれだけ魅力的な美容成分が入っていても意味がありませんから、失敗しないオールインワン選びの基準となるでしょう。

→『多機能なオールインワンゲルと独立した基礎化粧品、どっちが良い!?』詳しくはこちら